メニュー 閉じる

コーポレート業務最適化支援

中小・ベンチャー企業の経営に本当に使えるITを

 

私達は自ら手を動かしてコーポレート業務に必要なすべての手続きを経験し、
紙と電子申請の利点と現時点での欠点を深く理解しています。

属人的ではなく、会社の仕組みとしてすべてのバックオフィス業務を、
付加価値の高い仕事に変換することを目標にカイゼン活動を行ってきました。

弊社の成果として自社で採用しているバックオフィスシステムは一人の担当者で、
数十名の社員等に関するすべての事務処理を月間約20時間で実現しています。
詳細については以下の記事を御覧ください。

【未来の総務】ベンチャーが目指すべきバックオフィス

ビジネスを今後飛躍的に拡大させていくベンチャーやスタートアップ企業だからこそ、
本来、付加価値の低い業務には多くの労力を割いてはなりません。

専門家には当たり前のように使えるシステムも、
ベンチャー企業や中小企業の人員では使いこなすことは難しいこともあります。

当たり前の困難を解きほぐせるサービスが必要なのではないか。
その思いから、バックオフィスの生産性を包括的に高めるサービスを立ち上げました。

 

コーポレート業務最適化サービスのメリット

 

弊社はITベンダーではありませんから単なる助成金利用ではなく、
本当に経営に資する業務のデジタル化のアドバイザリーを提供できます。

そして今まさに事業活動を行っている企業の実務で、
沢山の製品を試し、実際に使えると感じたサービスや、
法律の改正等に合わせてより効率化できる事務処理方法、ノウハウを惜しみなく提供致します。

本当に必要なことはITを導入することではなく、全員で付加価値の高い業務に従事し、
従業員は会社に貢献し、自分の高度なスキルを身につけることで、
将来の夢や働きがいを育ていきいき働く毎日を作ることではないでしょうか。

今後大きな事業発展を目指される企業者の皆様、
初期のうちにバックオフィス業務については仕組み化を行い、
将来的に起こり得る人材の流動化や、事業成長に伴い視野に入れる上場準備に備えて、
現時点での最適解、そして将来を見据えたバックオフィス業務の構築を進めませんか?

税理士事務所に記帳代行サービスを依頼している経営者の皆様、
社内に人材が不足していても、経理、労務、事務等のバックオフィス業務は、
限りなく省力化することが可能です。

実際に経営を行い、バックオフィス業務を実務専門家レベルで理解しているからこそ、
本当に良いITサービスの活用法や業務手順を知っています。
ご関心がございましたら遠慮なくお問い合わせよりご相談ください。

 

提供するサービス・他の情報処理支援機関との違い

 

株式会社ココロファンは大手会計事務所でコンサルティングに従事したコンサルタントや、
大手ベンチャー企業にてシステム開発を行っている経験あるエンジニアがタッグを組み、
バックオフィス業務を現時点で最大に効率化するアイデアと実行力を提供致します。

偉大な経営学者ジョセフ・シュンペーターは「企業者」が経済成長を創出すると論じました。
企業経営を実践しITという道具を活かすには、弊社のコーポレート業務最適化サービスを活用し、
不要なコストや手間を削減し業務のシステム化を創業初期にしっかり根付かせることが重要です。

 

「どの会計ソフトが良いかわからない」
「総務担当者が退職することになり引き継ぎが必要」
「RPAを導入したいが、自社にエンジニアがいない」

 

ビジネスの形にも様々な業界や組織があり、唯一の解はありません。

ゆえに「クラウド会計を入れましょう!」のような解決ありきの提案は致しません。
弊社は各社の課題に応じて、時にはITを利用することを提案せず、
経営に資する情報やご相談をさせていただく新しいカタチの新しいサービスと自負しております。

 

 

認定情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)とは

 

IT補助金等の助成金活用および中小企業が使いやすいツール導入支援、
開発支援を含めて、特に立ち上げ間もないスタートアップ企業やベンチャー企業、
個人事業者にとって、最初から検討すべき課題を一覧化し、
拡張性を残しつつコストや人材の無駄を削減するコンサルティングサービスを提供します。

情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)制度は、
「中小企業者等の生産性を高めるためのITツールを提供する」支援者を認定する制度です。

お問い合わせ
個人の方は「個人」とご記入ください

弊社は経済産業省の認定情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)です。
(認定番号 第9号20050039 株式会社ココロファン)