メニュー 閉じる

ユーザーマーケティングラボ

事業内容

ユーザーの「Fun」を向上させるため、マーケティング理論構築から修正まで、
高速でPDCAを回転させる仕組みづくりとツール開発を行っています。

業界の特性を把握した上で消費者データの分析を行い、
現状での発展・改善余地を指摘するセールスコンサルティングを行います。

サービス

マーケティング手法にとらわれず「ユーザーの課題・悩み」把握のため、
最新のツールや調査手法を試しながら、ユーザーが期待する価値を抽出し、
価値提供のための媒体選定からコンテンツ作成まで一貫してお手伝い致します。

Webマーケティングならキーワードニーズの抽出、マインドマップを作成、
クエリを視覚化することでユーザーの悩みや課題が改めて明確化されます。

既に記事が作成されているものはマインドマップに基づいて再構成を行い、
まだ記事がないクエリに関しては新しくコンテンツを作成。

情報が多すぎて欲しい回答がすぐ手に入らない状況を改善するため、
動線の改善とニーズの高い大きな悩みごとの特集ページを作成するなど、
細かい改善を積み重ねることでUU向上を実現します。

我々の強み

ココロファンデジタルラボでは、デジタルネイティヴ、
ニューエコノミー世代に特化した生活者行動や消費行動を、
意思決定理論・行動経済学・マーケティングの3つの観点から研究しています。

日々HCI(Human-Computer Interaction)の研究成果をウォッチしており、
自社コンテンツの運用経験に基づくデータや知識を組み合わせて、
実践的なマーケティング効果測定やデータ分析を開発していきます。

昨年度は明治大学中野キャンパスで開催されたCHI勉強会2018において、
ユーザー中心設計・UI・UX・ユーザビリティテスト等を扱うセクションである
87. Method for Exploration」の要約を担当し発表しました。