メニュー 閉じる

84円で書類は何枚送れるの?120円で書類は何枚送れるの?

定形内郵便の最大はA4三つ折りの長3封筒

 

普段郵便を使う中で最も頻繁に用いる封筒は「長型3号」というものです。
こちらの長形3号はA4三つ折りで入れることができます。

大きさは横120x縦235mmということで、
郵便局の定形内郵便の最大サイズとなっています(厚みは10mmまで)

すると気になるのは「84円切手でどれくらいまでOKか?」

定形内郵便の規定では25グラムまでは84円で送付可能です。
実際に封筒に入れて図ってみると、A4の場合4枚までは25グラム以下になることが多いです。

もう一段上の94円では、50グラムまで送付可能ですから、
5枚以上9枚までは94円で送付することができると言えます。

長型3号を使ってどこまで94円で送れるかというとこの9枚までです。

51グラム以上は重さの基準が定形内郵便を超えるため、
いくら長型3号に収まっていたとしても定形外郵便となってしまいます。

定形外郵便では100グラムまでは140円になります。
せっかく10枚の書類を折りたたんで長3の封筒に入れたとしても、
A4を折らずに送付できる角型2号での送付と料金的には変わらなくなります。


定形外郵便でA4を折らない場合は角2封筒

 

業務をしているとA4の書類を折りたくない場合、クリアファイルに閉じる場合もあります。
すると、頻繁に用いるのは「角型2号(A4折りなし)240x332」というサイズです。

こちらは契約書の送付など複数枚の書類を送付する際によく用いられます。

50グラム以下であれば120円、100グラム以下であれば140円であるため、
郵送にかかる費用の中では最も安い方法になります。

A4の書類7枚とクリアファイル程度であれば50グラム以下になりますから、
角2封筒をつかって120円で送付することができます。

しかし、例えば書類が8枚以上でクリアファイルに挟んだ場合、
50グラムを超える場合がありますから、140円切手で送付する必要があります。

手元に計りがない場合はこれらのおおよその目安を前提にして、
なるべく余裕を持って送付することをおすすめいたします。

今回はちょっとしたノウハウでした。
意外と困ることの多い定形郵便物と定形外郵便物の区分ですが、
慣れてくればだいたいどのくらいか分かってきますので、
もしお仕事で郵送することがあるならば、おおよその目安を覚えておきましょう!